TOP» QNAP»

QNAPでTimeMachine

iMacのTimeMachineはTimeCupcelでやっていましたが、最近容量がすくなくなりバックアップに失敗しはじめたので、潤沢なディスクスペースを持つNASのQNAPへバックアップすることにします。

QNAPのバックアップマネージャを開き、Time Machineのサポートを有効にするをチェうして有効にします。

ユーザー名:TimeMachine ←変更できず。

パスワード:(任意で設定)

NASTS220

 

 

iMac のTime Machine設定を開き、保存先をTMBackupにします。アクセス認証は、ユーザー名TimeMachineパスワードは設定したものを入力すると、下記のようにバックアプがはじまりました。

 

Time_Machine

 

しばらくこれで運用してみようと思います。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です