swiftyの使い方

Swifty – Learn to code in Swift!
カテゴリ: 教育
現在の価格: 無料

 

今回は、アップルの最新のプログラミング言語であるSwift(スウィフト)が学べるというアプリ、Swifty(スウィフティ)をレビューでみて興味を持ち使ってみましたので、早速紹介していきましょう。

 

完成形

今回のアプリは英語ではありましたが、ゲーム的なインタラクションを通じて、Swift についてより理解を深めることができました。

IMG 0040

 

インストール

入手は、iPhone もしくは iPad から、App Store へアクセスして、Swifty(スウィフティ)で検索してください。インストールが完了したら、早速起動してみましょう。

 

使い方

Swiftyは、12の講座に含まれる、200を越えるインタラクティブなレッスンを通じて、コーディングを学ぶことができます。

 

  1. Swift Basics
  2. Variables
  3. Bool
  4. If .. else ..
  5. Arrays
  6. Dictionaries
  7. Strings
  8. loops
  9. Functions
  10. Class
  11. Structs & enums
  12. Optionals

 

それでは、無料で体験できるレッスン1 Swift Basics について、ザーッと紹介していきましょう。

 


 

01. Introduction  イントロダクション(序論)

IMG 0041

 

適当ではありますが、ちょっと翻訳しながら進めていきます。

 

ハロー!私の名前は ”Swifty” です。

はじめまして!

私は、どのように飛ぶのかをあなたに教えてるために作られました。さて、あなたの名前を教えてください。

ダブルコーテーションに名前を入力するようなので、”tendoors” と入力してみましょう。

あなたはSwiftでプログラムを書きました!

さあ、先へ進めていきましょう。

 


 

02. Hello, var! こんにちは、var !

IMG 0042

私達は今myNameと呼ぶ変数を作りました。そしてあなたはその変数に値を与えました。

変数は、キーワードvar 、ひとつの名前、そして=によってアサインされた、いくつかの値が割り当てられて、作られました。

見ましたか?ひとつの変数は、唯一ひとつの値を覚えることができます。

もし、あなたが自分の変数にほかの値を与えたいなら、あなたはもう一度 var を使わず、ただその名前を書く必要があるだけです。

 


 

03. Code? コード?

IMG 0043

 

プログラム達は、コードの中に書かれます。

コードを伴って、あなたはクールなアプリ、ゲーム達、ウェブサイト達、そしてさらに多くのモノを作ることができます!

このコードを実行してみましょう!

()を伴う単語 print は、()の中に文字列によって指定される、出力があることを示します。

print() は、ファンクションと呼ばれています。

 


 

04. Strings and numbers 文字列と数値

IMG 0044

変数達は、たくさんの異なるモノを格納できます。

あなたは既に私達が文字列を保存できたことを知っています。

数値もまた格納することができます。

クール!今、myStringは文字列を保持して、myNumberは値4を保持しています。

理解する上で重要なことは、これらは違いがあることです!

もし、あなたが変数に値を保持させたい時に、数字についてはダブルコーテーションなしで記述します。

 


 

05. Even more numbers ..   さらに数字..

IMG 0045

数字には異なるタイプがあります。Integers(インテガーズ)  は、整数を保持することができます。Doubles(ダブルズ) は、小数の位を伴う数字を保持することができます。

もし、あなたがひとつに変数にひとつの数字を指定する場合、その変数は字j動的にそれが保持できる数値のタイプな何か知ります。

変数 myInteger は、それにアサインされた値である 2 を持ちます。これからは、それは唯一整数の値を保持できます。4.0(小数点)そして

“4”(文字列)は、使えません。

 


 

06. Math! 計算!

IMG 0046

コードを伴って、私達は計算することができます!

基本的な計算演算子は、+ ー * /  を伴って実行されます。

ファンクション print() は、唯一文字列を伴う場合動作しますが、数値は伴うことが出来ません!

 


 

07. Let it be! 放っておく!

IMG 0047

変数達は、それらの値をいつでも変更することができます。

もし、あなたがひとつの変数のその値がもう一度変更できないと知れば、あなたは let を利用すべきです。

私の名前は ”Swifty” です。それは変更されません。我々は何を使うべきか? var  もしくは let ?

よくできました!今、名前は定数で、再度変更することはできません!

 


 

08. Types 型

IMG 0048

もし、あなたが変数の作成時に値を代入したくない場合、その変数は保持できるデータの型が何かわかりません。

このケースにおいて、あなたはその型を変数に伝える必要があります。

var myVar : Type

 

私達は今3つの変数を作り出しました。それらは3つの異なるデータの型を保持できます!

Swiftの中において、多くの型があります。エキサイティング!

 


 

09. Question #1  質問1

IMG 0049

各レクチャーの後、私はあなたにいくつかの質問をします。質問は、教材のより深い理解を得るために役立つはずです。

あなたはなぜ我々が変数が必要か理解できますか?

我々は値を格納するための変数が必要です。 時には、それはすべてを覚えておくことは困難です。特に一度に値をたくさん覚えなければならない時!

 


 

10. Question #2 質問2

IMG 0050

Int と Double の違いな何ですか?

 

Int と Double は Swift において2つの違う型になります。Integers は整数を保持できます。Doubles は小数点を伴う数字を保持できます。Swift は自動的にあなたが使いたい型を知っていることを覚えておいてください。

 


 

11. Question #3 質問3

IMG 0052

va rそして let で作られた変数の違いは何ですか?

 

var に伴って作られた変数は、修正することができます。定数は let のキーワードに厳密にその初期値を伴って作られたものです。

私の好きなジュースは変更されるかもしれません、私の名前はそうではありません。

 


 

12. Question #4 質問4

IMG 0056

私はあなたが Xcode を Mac AppStore からダウンロードすることをおすすめします!Xocde を起動し、Playgounrd ファイルを作りましょう。これらは、あなたがコードを作り、結果をすぐに見みることができます。あなたはいくつかのテキストエディタ(もしく紙のシート)に上手に書くことができます。2つの文字列を作り、それらを結合させましょう!

 

”Sir Lancelot” は、我々のヒーローです。この App の中に、あなたはちょっとしたゲームのスニペットを作ります。楽しみ、そしてレベルを上げて、モンスターと戦います。

 


 

 

13. Compendium basics 基礎の概要

IMG 0055

今では、我々はすでに Swift について多くを学びました。
我々はどのように変数が作られ、var と let においての違い何か、どのように文字列を結合すると、何を出力するかについて学びました。

これは良いスタートです。さあ進めましょう。


 

拡張

レッスン2以降は1レッスン100円(11レッスン分で合計1000円)を支払うか、最初からすべてのレッスンを購入する場合には300円となります。英語が苦にならず、レッスン1が良かったので、私は迷わず300円ですべてのレッスンを購入しました。

 

 

感想

今回このアプリは通勤の友として活躍してくれました。Swift の基礎的な文法部分を気軽に学ぶことができたのは良かったです。Swift に興味のある方は使ってみてはいかがでしょうか?

 

Swifty – Learn to code in Swift!
カテゴリ: 教育
現在の価格: 無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です