マークオーディオのスピーカーを作る2

今回は自作のスピーカーに消音材を入れましたので紹介してみます。

 

・材料

取り寄せたものは、オヤイデ電気で販売されているのビニール結束線です。商品はビニール結束線1.0φ (150mパック入り)を左右のスピーカーに入れるために2つ買いました。

これを選んだ理由は、前回購入した「スピーカー工作の基本&実例集2018」の記事に紹介されていたからです。消音材には綿を入れようかと考えていましたが、オヤイデ電気の隠れたロングセラー商品と紹介されているのを読み、試してみたくなりました、、受け売りですが購入してみました。


 

・工程

1.スピーカーユニットをドライバーを使って外します。

個人的なトラブルとしては、ネジをすべて外してもスピーカーユニットがピクリとも動かず、取り出せませんでした。どうやらエンクロージャーに張り付いてしまっている様子でした。

マイナスドライバーでスピーカーユニットとエンクロージャーの間に当てて、トンカチでトントンしたところ、少しゆるくなりましたので、マイナスドライバーでグイグイしてずらしながらやっと外せました。

2.ビニール結束線をエンクロージャーに入れます。

ちょうどスピーカーユニットの後ろに収まるように、そのままギュッと入れました。自分は結束線の束の輪の真ん中にオーディオケーブルを通しておきました。仕組み的にはスピーカーユニットの後ろに音が広がりますから、この位置で余計な音がエンクロージャー内に響かないように消音するわけです。

 

3.スピーカーユニットを再び取り付けます。

コーンを傷めないように手のひらで覆いながら慎重に作業をすすめました。

トラブルではありませんが、スピーカーユニットを外すときに、これに合うドライバーを探すのに少し手間取ったので、、備考録まで使用したドライバーを記録しておきます。

 

・感想

スピーカーの鳴りですが、何も入れていない時よりも、音質が良い意味でタイトになった感じました。入れる素材によって音質も変わるようですが、これが初めてなので比較するところまではいきません。日々いろいろな音楽を聴いて楽しみをつづけたいと思います。

以上です。

 

PO-33 K.O! を購入した


 

見た目はむき出しの電卓のようですが、立派なシンセサイザー。

いろいろ種類があるようですが、このバージョンはサンプリングができる。

気晴らしにポチポチして遊んで見る。

いろいろサンプリングしてみたい。

TIDAL(タイダル)でMQAを聴く

TIDAL(タイダル)は高音質の音楽ストリーミングサービスです。しかし日本ではサービスを提供していませんが、自分はとある方法で聴いています。

ストリーミングオーディオ品質の項目に、Master(マスター)というレベルがあります。今最先端の技術であるMQA(マスター・クオリティー・オーセンティケッド)というフォーマットで提供されているものになります。

TIDALの入手はこちらから。http://tidal.com/

日本で提供されていない割には、URLがtidal.com/jp/try-nowですね。近いうち日本にも提供されるのでしょうか。

挑戦すべきはTIDAL HiFi(タイダルハイファイ)です。ここに最高音質のMQAが含まれます。

通信でうまく認証されない場合には、TunnelBear(トンネルベアー)を使うと良いです。世界の都市に接続できますが、香港を選ぶと、香港ドルでのお支払いとなり、USドルで支払うよりはリーズナブルかも。

TIDALHiFiのサブスクリプションに加入しましたが、テストであればすぐにサブスクリプションを解除しておくことをお忘れなく。フリートライアルは30日です。

 

下記はMac版アプリですが、タイトルにMが表示されているのが、マスター品質の音源になります。

設定画面を確認すると、Masterが選択できるようになっています。

これからは、当たり前にハイクオリティサウンドの時代になるのかな。
ちなみに、詳細をふれませんでしたが、MAQはイギリスの音響会社です。

サイトはこちらhttp://www.mqa.co.uk/

技術的なはなしはここが参考になるかと。https://www.hires-music.jp/mqa/

ここでは触れませんでしたが、MQAを最高品質で視聴しようとすると、メリディアンオーディオ等から販売されているMQA専用デコーダーやレンダラーを購入すると良いと思います。

自分のおすすめは、下記のMERIDIAN EXPLORER2です。持ってます。

MERIDIAN AUDIO EXPLORER 2

 

以上です。

 

 

Raspberry PiでVolumioを使う

Raspberry PiのOSとして、Volumio(ボリューミオ)をダウンロード

Get Started – Volumio

volumio-2.389-2018-03-26-pi.img.zipをダウンロードしてZIPを解凍してイメージファイルにする。

 

MacでイメージをSDカードに焼き付けるためい、Etcher(エタチャー)をインストール

https://etcher.io/

 

上記のイメージファイルを選択して、SDカードにコピーする。


起動したらWi-Fiのアドホック接続でつなげる。が、ここでパスワードが要求されてわからなかった。結果、下記のサイトでパスワードが volumio2であることがわかった。

https://volumio.github.io/docs/I2S_DACs/Adding_Compatibility_to_your_DAC.html

接続すると、初期設定を実施、言語、名前、DACの有無、Wi-Fi設定、再起動という流れです。

再起動したらローカルのネットワーク上で接続ができるようになるので、お手持ちのブラウザで下記アドレスにアクセスする。

http://volumio.local/

 

おおー、インストールできました。

さて、次に右上に設定らしきアイコンがあるのでクリックしてみると、

こんなものが表示されました。

DACの接続をするために、プレイバックオプションを開きます。

こんな感じに設定しました。I2Sは持っていませんので、将来トライしてみたいです。

あと、プラグインの項目が表示されなくて、ネットの世界を探しまくってもなく、この現象は自分だけかと、しばらく悩んでいましたが、DACがうまく認識できた後に開いたら、表示されていた。。理由はわかりませんが、DACの認識が何かからんでいるのだろうか。

という訳で、早速いくつかプラグインをインストールしてみます。

Spotify、Youtube、イコライザー、バックアップを入れてみました。

 

AirPlayで音楽聞き流しで使おうかな。

しばらくRaspberry Piで楽しんでみようと思います。

以上です。

 

ノイズキャンセリングヘッドフォン

SONYのMDR-1000X。ワイヤレスヘッドフォンにノイズキャンセリングが付いている。

ノイズキャンセリングを効かせると、音楽スタジオかという位の静寂さ。

買って良かった。満員電車で静寂を得ることができました。

まずは店頭でお試しあれ。

ソニー SONY ワイヤレスヘッドホン ノイズキャンセリング MDR-1000X BM ブラック

Audirvana Plus 2.1

Audirvana Plus2.1に無料でマイナーアップデートできるとアプリにアラートが表示されました。早速アップデートを完了しました。

今回はライブラリ管理においてアルバムビューまわりの機能が強化されたようです。

 

情報源: Audirvana Plus | Blog