Canon G7X mk2 は素晴らしい

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII

Canon G7X mk2を購入しました。きっかけは山仲間から、星空が取れるコンパクトデジタルカメラ(Canon G7X)あるよ、と写真を見せてもらったことです。とても美しく星が取れていて、風景画像もしっかりとしており、ひと目で気に入りました。

  1. 山歩きに向いたコンパクト軽量サイズ
  2. 息を飲むような美しい画像
  3. 星空の写真がかんたんに撮れる

価格ドットコムで早速調べてみると、Canon G7X mk2という後継機種が出ていました。大きな違いはUSB給電できるとのこと、バッテリーパックを複数持っていなくても給電できるのは、確かに便利そう。

選択肢としては、ソニーのRX100シリーズが人気のようですが、青みがかったソニーの画質があまり好きではなく却下、コンパクトさでは一回り小さいCanon G9Xという選択肢もありますが、G7Xmk2のF1.8の明るいレンズが気に入ったので却下。旧バージョンのG7Xは大きさ使い勝手のバランスという観点で軍配が上がりますが、給電と最新バージョンという意味で却下しました。

CP+2016での製品紹介ビデオがあったので載せておきます。前半は今回リニューアルされたカメラの特徴について解説が参考になります。

わかりやすい解説なので映像を見て欲しいと思いますが、気になったところをチェックしてみると。

%ef%bc%88%e5%89%8d%e5%8d%8a%ef%bc%89%e7%b5%b6%e6%99%af%e3%82%92%e5%88%87%e3%82%8a%e6%92%ae%e3%82%8b%e6%97%85_powershot_g7_x_mark_ii%e3%80%80cp_2016_%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%ae%b6_%e5%b7%a5%e8%97%a4_

Canon の最新の映像エンジンであるDIGIC7は、2016年9月時点ではこのカメラにしかついていません。コンパクトデジタルカメラにいち早く採用する所にしびれました。まぜフラッグシップモデルのEOSシリーズから採用しないのだろうと。

三脚いらずの手ぶれ補正とありますが、星空の撮影には必要です。ネックストラップをピーンとするとぶれないってのは参考になります。

絞りを聞かせた撮影をした際の絵がボヤっとする解像感が向上されたとのこと、つまり絞りを使いまくっても絵が綺麗ってことですね。

プログレッシブファインズームを搭載したことにより、24-200mm相当のズームが可能になっています。一眼レフカメラのように様々なレンズに変えることができませんが、普段使いとしてはもう十分な機能ではないでしょうか。個人的にはズームはあまり使わないような気がする。

星空撮りの説明があります。さまざまな機能を利用して絶景の撮影サンプルを紹介しています。キリリとした画像が素敵、こんな写真を自分で撮れるようになりたい。そう思いました。

Wi-Fi機能を通じて、写真データを様々な機器やクラウドに保存したり連携できるようになっているそうです。

丹頂鶴の写真がシャープで素敵です。JPEGだけで取るのであれば、EOSと同じ感覚でピクチャースタイルを使うことができる。

G7Xmk2はAUTOが進化している。被写体・シーンに合わせたAUTOをカメラが自動で判断してくれる。もうAUTOで素敵な写真が沢山撮れるってことですね。

明暗差が大きい所でも自動的に潰れない白飛びしないように調整してくれる機能を持っているそうです。

ハウジングを利用した水辺での撮影写真のサンプル紹介ありました。また夜の撮影においても、解像度を上げてもしっかり撮れるのがDIGIC7の良いところ。ほか、タイムラプス動画がかんたんに撮影できる説明も興味深かったです。

よし買うぞ、と思い量販店へ出向くと、どこも在庫がない、とのことでした。近く旅行に行く予定があったので、急ぎ購入したいと思い、価格ドットコムで在庫のある店を絞り、来店して現金購入しました。

液晶フィルターもケースも何もない!ということで、追って用意したいな、と思っています。

取り急ぎ、キャノンG7Xmk2で山でも街でも旅行でも、撮りまくるぞ!と興奮している間にブログにメモしておきます。

FL Studio 12.3をチェック

FLStudioでアップデートの情報を見かけたので情報まで。

オーディオのリアルタイムストレッチング機能や、ILRemoteの連携機能などが気になりました。まずはダウンロードしてアップデートしてみようかな。

http://www.image-line.com/documents/news.php?entry_id=1468817636

— 下記抜粋。

What’s New?

Plugins

  • Transient Processor (demo). Enhance or suppress the attack transients and release of percussive and other transient sounds. $49 in theImage-Line Shop.
  • Razer Chroma – Control Razer Chroma enabled hardware such as laptops, keyboards, mice and headsets from FL Studio.

 

Updated Plugins

 

FL Studio Features

  • Real-time stretching – Sampler and Audio Clip ‘Realtime > Stretch‘ mode allows real-time, independent tempo and pitch variations.
  • Lock MIDI notes to Channels – Right-click a Channel Button and select Receive notes from. The Channel will now respond to that Controller regardless of what Channel is selected in FL Studio.
  • MIDI channel through – Allows all MIDI Channels from a controller or external sequencer to pass to the plugin for separate control AND to record up to 16 separate MIDI Channel colors.
  • Mute/Solo locking – Shift-Click Mute LEDs to lock them to their current state.
  • Image-Line Remote feedback – Right-click Enable Image-Line Remote to activate control feedback from IL Remote to FL Studio.
  • Type in values – Tempo and Mixer track selectors now accept actual values.
  • Auto name option – The names of existing Channels aren’t changed when dropping presets on them and the General Settings > Auto name is off.
  • Restore previous state after solo option –  General Settings > Miscellaneous allows you to restore the Channel Rack, Playlist and Mixer to their state prior to a solo command, or to unsolo everything when it’s off.
  • Channel Rack height – Auto Resize: Set the height of the Channel Rack (Off, Min, Max).
  • Channel Rack sorting – Menu option > Sort by: Sort the Channel Rack order by Mixer Track Number, Channel Name or Channel Color.

Nortion6がリリースされてる

product_65467

 

Nortionがバージョンアップしていることを発見。Nortion5が半額セールだったのは、このこともあったのでしょうか。Nortion6のリリースノートを見て思ったのは、Macでも手書き入力ができますよ、が気になりました。実際にはiPadと連携して使われるもののようですが、手書き入力の方が百倍早く記譜できるのではないでしょうか。ちょっと興味あります。

http://www.mi7.co.jp/products/presonus/notion/

imgres-2

重要な機能向上には、クロスプラットフォームの手書き入力検出、プロフェッショナルなスコア出力を可能にする新レイアウト・コントロールと機能、小節と組段をドラッグで置換、Soundironの新インストゥルメント、より素早い映像用楽譜作成を可能にする新しいビデオ・ウィンドウ・コントロール、練習用または演奏用に100を超える名作を収録した新しいNotionスコア・ライブラリ、他のソフトウェアとのシームレスな転送を実現するMusic XML対応の向上、MP3エクスポート、各種DAWとの統合を向上させるReWire経由のMIDI、同一コンピューター上/ネットワーク上の複数のコンピューター間でのStudio Oneとの比類ないワークフロー統合などが実装されています。

 

notion6_stylus

 

タッチスクリーンを所有していなくても、iOSデバイスをLightningケーブルでMacまたはWindowsコンピューターに接続し、Duet Displayアプリを使用してiOSデバイスをグラフィックス・タブレットとして使用できます。

バージョンアップは5000円なり。

LINE モバイルに申し込む2

images

iPhone7が非常に人気があり、SIMフリーの端末が手に入らない状況。

既存のiPhone6契約を機種変した方が安く上がることに気付き。予約手続きを済ませる。

LINEモバイルのSIMはiPad Proで使おうか、と考え、LINEモバイルのSIMから音声通話を取ろうと思ったら、解約が必要とのこと、違約金9800円なり。ちょっとした落とし穴ではありますが、将来的には両デバイスともSIMフリーにするから良しとしよう。

肝心のiPad Proは契約5ヶ月目、SIMフリー化するには6ヶ月必要とんこと、あと1ヶ月待つこととする。ちなみにiPhone6はSIMフリー化できないタイプ。

LINEモバイルはまだ使えず!どうなる!

つづく。

 

LINEモバイルに申し込む

images

LINEモバイルに興味あり。

手持ちの携帯は持っているのですが、今回新規で申し込みをしてみました。

魅力なんと言っても低価格でしょうか。あとコミュニケーションフリー(カウントフリー)というのが、アメリカのTモバイルの戦略っぽくて良いと思う。

オンラインで申し込みすると、早速SIMが到着しました!店頭に行かなくても申し込みできちゃうのは、すごくない?

img_0186

さて、SIMが届いたので、今月新発売されたiPhone7のSIMフリーモデルを購入しようと考えています。AppleStoreにいくぞ!

つづく。