VST Synth1をインストール

synth1-113[1]

とあるサイトでFL Studioの使い方を勉強していたら、VSTとしてSynth1が使われていたので、久しぶりにインストールしてみる気持ちになる。

Zipbankに外部音源も拡張できました。

 

参考記事はここ。

http://takeokkc.blogspot.jp/2014/03/synth1flstudio89-synth1-banks-9006.html

Synth1 v1.13の説明書

http://www.geocities.jp/daichi1969/synmanu/readme.html#inst

 

 

FL STUDIO 12

 

FL STUDIO 12はアヴィーチーが利用しているのは知っていたが、

Macを利用している私に縁のない環境だった。

 

 

最近Mac版のα版なるものが出てきたとのことで、

利用してみた。

→→→この続きを読む

Notionが50%OFF

notion_5-box

iPad版を持っていたのですが、パソコン版のNotion(ノーション)が50%OFF(8,250円)をだそうです。7月末までの限定販売のようなので、興味のある方はすぐにチェックしてみてはいかがでしょうか。

いつの間にかStuio Oneと連携が強化されていました。知らなかった。

 

Notion
カテゴリ: ミュージック
現在の価格: ¥1,800

GAの活用

テクニック

・訪問数の多い時間の少し前に更新する

・サイト内検索は需要の現れ

・目的を見失わない、ブログであればアクセス増加の確保、ショップであれば収益の確保など

・アクセス解析は長期的視点で見る

・ユーザー数より訪問数が多いときは、何度もアクセスしていることがわかる。

・ページビュー数の増加が最初の目標としていい 見てもらわないとはじまらない

・GAは正確な数値は24時間かかる

・リピーターを増やすテクニック

コンテンツの充実

サイトの更新頻度が高い

親しみのある文章で書かれている

見やすいレイアウト、配色

サイト内で移動がしやすい

広告が自己主張しない工夫

・リピート間隔から更新頻度を考える

7日前後であれば、1週間に一度は大きく更新する、という考え方。

・平均滞在時間

じっくり見てくれている

サイトプロセスで困っている

・直帰率

30-40%であれば優秀、50%以上であれば改善

・訪問別ページビュー

訪問者が1回のアクセスで閲覧したページ数の平均値

高いほどサイト全体の注目度が高く、コンテンツが充実しているとされる。

サイト構造が複雑で目的ページまでクリック数が多いと増回する傾向もある。

・直帰率を下げる

サイトの内容が訪問理由と一致しなかった。配色が派手すぎる。画像や動画のファイルサイズが大きすぎて表示に時間がかかる。文章の表現が回りくどくて読みにくい。など。

・海外からのアクセスが多い場合。

在日外国人が興味を持っていることを意味します。一部を英語で兵器してみたり、海外の状況を紹介してると、より親しみやすいコンテンツとなりアクセス数向上の工夫です。

・ブラウザサイズの分析

一般的には90%の方御社に合わせるのが良いとされています。

iPad Pro 9.7インチ

iPad Air から2年、iPad Pro 9.7を購入しました!

 

・9.7インチ

スティーブ・ジョブズ曰く、一番考えられたサイズは初代のこのサイズ。これ以上の大きさや小ささは、使いづらいです。

VŒ^‚̃Cƒ“ƒ^[ƒlƒbƒgŒg‘Ñ’[––u‚‰‚o‚‚„iƒAƒCƒpƒbƒhjv‚ð”­•‚·‚éƒAƒbƒvƒ‹‚̃XƒeƒB[ƒuEƒWƒ‡ƒuƒYÅ‚Œo‰cÓ”CŽÒiƒAƒƒŠƒJEƒTƒ“ƒtƒ‰ƒ“ƒVƒXƒRj

VŒ^‚̃Cƒ“ƒ^[ƒlƒbƒgŒg‘Ñ’[––u‚‰‚o‚‚„iƒAƒCƒpƒbƒhjv‚ð”­•‚·‚éƒAƒbƒvƒ‹‚̃XƒeƒB[ƒuEƒWƒ‡ƒuƒYÅ‚Œo‰cÓ”CŽÒiƒAƒƒŠƒJEƒTƒ“ƒtƒ‰ƒ“ƒVƒXƒRj

・色はスペースグレー

発色が一番キレイに見えるのは、黒枠です。

ipad-pro-9in-select-spacegray-201603_GEO_JP

 

・ディスク容量は256GB

趣味のシンセアプリ、情報入手の雑誌アプリを沢山いれていたら、いつの間にか容量が足りなくなっていました。今後、HDビデオ撮影などを考えた場合、最大容量でいこうと決めました。

・ペンシル

iPad Proといえば、これですよね。53ペーパーなどで使いたいと思い、思い切って購入してしました。スティーブ・ジョブズはペンシルなどいらない、と言っていましたが、ガジェット好きとしては購入してしまいました。

ipad-pro-accessory-apple-pencil-stylus-apple-launch-event-2015-1080x675

 

・スマートキーボード

残念ながら品切れだそうです。スティーブ・ジョブズ曰く、iPad にキーボードはいらない。ですから、きっといらないと思うのですが、ガジェット好きとしては気になる。

MM2L2_GEO_JP

 

実際購入して、まず感動したのは画面の美しさです。いつもやっているvaingloryのゲームなどは大迫力です。

あと、本体の軽いことでしょうか。片手でらくらく持てます。やっぱりこのサイズだと思いました。

ペンシルの入力は、鉛筆のように細く、しっかりと、書き込めます。ノートとして使えそう。手書きニーズについては、これから使い込みたいと思います。

大満足の星5つです。★★★★★

 

EDM Producerの所持品チェック

色々調べていて、面白いサイトだなー、と思ったのでご紹介。

EquipBoard(イクイップボード:道具の掲示板?)

http://equipboard.com/role/music-producers

EDMで人気のMusic Producerたちが、日頃使っている彼らご愛用の道具(DAW、楽器、ソフトウェア等)がわかるサイトです。非常に参考になります。

先日紹介したM-Audio KEYSTATION88購入は、ここでアヴィーチーのビデオを見て欲しくなりました。アヴィーチーというのは今人気みたいです。確かにiTunesとか見るとダンスのランキングは総なめですね。はじめて知った。

 

 

M-Audio KETSTATION88購入

ピアノを引くわけでもないのに、88鍵が欲しくなってしまった。鍵盤といえばピアノ、ピアノといえば88鍵だ。

色々探してみると、トータルのコストパフォーマンスが一番良い88鍵のMIDIキーボードは、M-AudioのKEYSTATION88であることが判明。

色的に銀色のやつ(KEYSTATION 88es)が欲しかったけれども、どうやら古いらしい。最新のキーボードは黒色のボディーだ。

セミウェイトの鍵盤がちょっとピアノちっく。シンセサイザーのキーボードは軽いので、本当はセミウェイトなんて欲しいと思ったことがなかったのだが、今回は特別。

EDMならこれしかない!ということで購入いたしました。

なぜ、EDMならこれだと思ってしまったのか?

また別の機会に。

Ableton Live 9 購入

色々本を読んだりサイトを眺めた結果、ヨーローッパDJに人気のあるAbleton LIVEが気に入ったので、早速購入する。

早速お家のMacにインストールしてみる。使い方はよくわからないが、左にあるブラウザ枠から音をダブルクリックして選ぶだけ、これは便利。

よく考えたら、MIDIキーボードが必要なことに気づく。お家の古いKORGを繋ぐも、うまく認識しない。もう古いからな。

やはりサクッと繋がるAbleton にネイティブ対応しているキーボードが欲しい!

ということで、Ableton のMIDIのプリセットを眺めつつ、キーボードを物色。

どれにしようかな。

プロのアイデアとテクニックを読む

Ableton LIVE でエレクトロニックミュジックを作る、というど真ん中の本があったので、早速購入して読む。

EDMは従来の楽曲制作とちょっと違うとわかった。

どう違うかというと、従来の曲は音楽理論に則った作曲方法だが、

EDMはどちらかというと、様々な音の波形を組み合わせた音楽だ。

自由度が高いと言えばかっこいいが、よは人々が気持よく踊れるか、盛り上がれるかどうか、そこがポイント。

面白そう。

Ableton LIVE を本で勉強

そうと決まれば、早速勉強。

従来のDAWとコンセプトこそは違うが、だいたい使い方は同じ様子。

ただ、セッションという概念が新しい。

もうちょっと違う本も読んで見る。