マークオーディオのスピーカーを作る2

今回は自作のスピーカーに消音材を入れましたので紹介してみます。

 

・材料

取り寄せたものは、オヤイデ電気で販売されているのビニール結束線です。商品はビニール結束線1.0φ (150mパック入り)を左右のスピーカーに入れるために2つ買いました。

これを選んだ理由は、前回購入した「スピーカー工作の基本&実例集2018」の記事に紹介されていたからです。消音材には綿を入れようかと考えていましたが、オヤイデ電気の隠れたロングセラー商品と紹介されているのを読み、試してみたくなりました、、受け売りですが購入してみました。


 

・工程

1.スピーカーユニットをドライバーを使って外します。

個人的なトラブルとしては、ネジをすべて外してもスピーカーユニットがピクリとも動かず、取り出せませんでした。どうやらエンクロージャーに張り付いてしまっている様子でした。

マイナスドライバーでスピーカーユニットとエンクロージャーの間に当てて、トンカチでトントンしたところ、少しゆるくなりましたので、マイナスドライバーでグイグイしてずらしながらやっと外せました。

2.ビニール結束線をエンクロージャーに入れます。

ちょうどスピーカーユニットの後ろに収まるように、そのままギュッと入れました。自分は結束線の束の輪の真ん中にオーディオケーブルを通しておきました。仕組み的にはスピーカーユニットの後ろに音が広がりますから、この位置で余計な音がエンクロージャー内に響かないように消音するわけです。

 

3.スピーカーユニットを再び取り付けます。

コーンを傷めないように手のひらで覆いながら慎重に作業をすすめました。

トラブルではありませんが、スピーカーユニットを外すときに、これに合うドライバーを探すのに少し手間取ったので、、備考録まで使用したドライバーを記録しておきます。

 

・感想

スピーカーの鳴りですが、何も入れていない時よりも、音質が良い意味でタイトになった感じました。入れる素材によって音質も変わるようですが、これが初めてなので比較するところまではいきません。日々いろいろな音楽を聴いて楽しみをつづけたいと思います。

以上です。

 

特定のサイトに接続できない

ブラウザで特定のサイトに繋がりずらい現象が発生しました。またお気に入りの音楽サービスもサイトにつながるのですが、音声を再生しようとすると、サーバーへ接続できない現象が発生しました。

最初はネットワークの設定か、先方のサーバートラブルかな、と思っていましたが、犯人がわかりました。ESET Securityの設定でした。設定方法を紹介します。

CYBER SECURITY PROを開き。設定のWebアクセス保護の設定ボタンを開く。

すべて表示するボタンをクリック。

全般をクリック。

除外の設定ボタンをクリック。

Webとメールタブの除外を表示からアプリケーションを選択して、追加ボタンで不具合のあるアプリーケーションを追加して、OKボタンで終了です。

これに気づくのに2週間程度かかってしまいました。

ESET NOD32 アンチウイルス | 更新 | 5PC 1年 | Win/Mac対応

マークオーディオのスピーカーを作る

ステレオ誌2018年8月号の付録であるマークオーディオのスピーカーユニットを見つけたので、自分の手作りスピーカーの組み立てをした物語を紹介します。

 

・完成形

こんな感じになりました。はじめてなので下手くそですが、個人的にはお気に入りです。スピーカー作りを通じていろいろ学ぶことができ満足しています。

 

・購入物

自分が購入したのは、音楽之友社から出版されている「これならできる特選スピーカーユニットマークオーディオ編」です。この本の付録として、ひとつのスピーカーユニットで低域から広域までを再生するフルレンジスピーカーユニットが2つ入っています。

これならできる特選スピーカーユニットマークオーディオ編 (ONTOMO MOOK)

スピーカーの本体については、同じく音楽之友社から出版されている「Stereo編スピーカー工作の基本&実例集マークオーディオ製8cmフルレンジスピーカーユニット対応エンクロージュアキット」を購入しました。

スピーカー工作の基本&実例集2018 (ONTOMO MOOK)

 

・スピーカー制作の工程

まずは木材を接着するのにボンドが必要とのことで、今回は奮発して購入しました。米国製のTitebond(タイトボンド)です。こんな大きなものは必要なかったのですが、今後スピーカー職人になれるように?大きいのを買いました。

フランクリン タイトボンド 4オンス(130g)

 

まずは側面と底面を直角にしてボンドで固定します。ちょっとボンドつけすぎたかな、という感じですすめていきます。板が直角にならないので、ボンドやエアコンのリモコンにお手伝いいただく。

板のペアをボンドで接着して固定します。すこし形が歪んでいることが気になり、ダンベルを持ち出して固定しました。

枠が乾燥するまでに、フロントのスピーカーユニットを入れる面を作ります。底の部分はバスレフの出口になる部分で、慎重に接着していきます。

フロント部分を差し込むと、いよいよスピーカーの四隅の歪みを整形する最後のチャンス。ダンベルの重りで歪みを修正します。

今回は塗装もやってみようと思い、ホームセンターでいくつかのツールを購入しました。購入したのは紙ヤスリ、200番台と400番台の紙やすり、塗装用のローラーキット、和信の水性ウレタンニスです。

和信ペイント 水性ウレタンニス 屋内木部用 水性 300ml つや消しエボニー

まずは200番台のヤスリでスピーカーの全体を研ぎます。

今回は塗れば塗るほど良さそうと思い、たっぷり3度塗りに挑戦してしまいました。結果は、かなり薄く塗っていったほうがきれいに仕上がると思います。はじめてなので嬉しくて少し塗りすぎました。

これで三度目の塗り、結構真っ黒になりました。このあたりになると、塗の面にローラーの毛玉みたいなものが付き出し、塗り方の下手くそさがすごく気になりましたので、ここでやめました。後々考えるとハケブラシで薄く塗ったほうがきれいに仕上がるんだろうな、と気づきました。

もっと薄い落ち着いた色になると想像していました、かなり重量感のあるブラウンになりました。あとバスレフのところに塗料が流れ混んでしまい、ちょっと汚くなり凹みましたが、これも自作の味と割り切りたいと思います。

1日かかりで作りましたが、とても楽しむことができました。ということで、今回はここまで。さてどんな音がなることやら、楽しみが増えました。

実は今回、スピーカーの中に消音材として綿を入れる1工程を飛ばしました。適当な綿がなかっただけです。次回どこかで綿を購入してきて、フロントのユニットを外して入れてみたいと思います。余分な音の響きが減り、音が引き締まることが期待されます。

以上です。

 

 

PO-33 K.O! を購入した


 

見た目はむき出しの電卓のようですが、立派なシンセサイザー。

いろいろ種類があるようですが、このバージョンはサンプリングができる。

気晴らしにポチポチして遊んで見る。

いろいろサンプリングしてみたい。

TIDAL(タイダル)でMQAを聴く

TIDAL(タイダル)は高音質の音楽ストリーミングサービスです。しかし日本ではサービスを提供していませんが、自分はとある方法で聴いています。

ストリーミングオーディオ品質の項目に、Master(マスター)というレベルがあります。今最先端の技術であるMQA(マスター・クオリティー・オーセンティケッド)というフォーマットで提供されているものになります。

TIDALの入手はこちらから。http://tidal.com/

日本で提供されていない割には、URLがtidal.com/jp/try-nowですね。近いうち日本にも提供されるのでしょうか。

挑戦すべきはTIDAL HiFi(タイダルハイファイ)です。ここに最高音質のMQAが含まれます。

通信でうまく認証されない場合には、TunnelBear(トンネルベアー)を使うと良いです。世界の都市に接続できますが、香港を選ぶと、香港ドルでのお支払いとなり、USドルで支払うよりはリーズナブルかも。

TIDALHiFiのサブスクリプションに加入しましたが、テストであればすぐにサブスクリプションを解除しておくことをお忘れなく。フリートライアルは30日です。

 

下記はMac版アプリですが、タイトルにMが表示されているのが、マスター品質の音源になります。

設定画面を確認すると、Masterが選択できるようになっています。

これからは、当たり前にハイクオリティサウンドの時代になるのかな。
ちなみに、詳細をふれませんでしたが、MAQはイギリスの音響会社です。

サイトはこちらhttp://www.mqa.co.uk/

技術的なはなしはここが参考になるかと。https://www.hires-music.jp/mqa/

ここでは触れませんでしたが、MQAを最高品質で視聴しようとすると、メリディアンオーディオ等から販売されているMQA専用デコーダーやレンダラーを購入すると良いと思います。

自分のおすすめは、下記のMERIDIAN EXPLORER2です。持ってます。

MERIDIAN AUDIO EXPLORER 2

 

以上です。